忍者ブログ
京急の鉄道模型を作っているとき書くよ。 面白い床下機器を見つけたとき載せるよ。 東杏電機製造(トウキョウデンキセイゾウ)のお知らせをするよ。
[1]  [2]  [3
つい先日まで夏コミの参加に浮かれていたかと思えばもう秋が通過し冬の寒さに凍える時期になってしまいまして。
のらりくらりと地方の暮らしをしていたのですが、今週末に別件で首都圏を訪れていたところ京急線で面白いものが見れたのでちょっと貼っておきますよっと。


こちら11/24正午過ぎの久里浜工場試走線。
新1000形1625編成の営業投入と入れ替わりで運用離脱した8211編成ですが、前日より通電状態で止まっており、ホームではなにやら人の動きが見られます。

で、しばらく眺めておりましたら







割と最近流行りのアレが積み込まれていくではありませんか。

はい、これホームドアですね。
京急では2016年度に主要駅に対するホームドア設置の計画をプレス発表しており、いよいよ柵本体の設置作業が行われるようです。
営業中の既存ホームに対するホームドアの設置は軽量な「可動式ホーム柵」が一般的であり、その搬入はホームへ直接据え付けできる“フツーの通勤電車”が使用される例が多いようです。
今回京急が実施する作業では、搬入用として800形8211編成が抜擢される様です。
理由の正確なところは不明ですが、営業を離脱して車両運用上都合が良いとか、車籍を落とさないでおくことで営業時間中に搬入列車を仕立てられるところが利点なのでしょうか。



んで時刻は半日流れて当日の終電間際。


羽田空港国際線ターミナル駅へ堂々入線する8211編成!
この日の輸送先は羽田空港国内線ターミナル駅です。

800形は羽田国際でのホームドア稼働の為、同駅開業以来は空港線で営業運転できません。
時間調整の為の短い停車時間では

3扉のホームドアに止まる4扉車が見れました。


事前に「車端扉なら双方の開口範囲が重なって客扱いできないかな?」なんて思っていたのですが、結果はこんな感じでさすがに無理そうでした。


列車は3分ほどの停車ののち羽田国内へ向かっていきました。

私が続行の列車で羽田国内へ追いつくと、8211編成が据え付けられた1番線ではもうホームドア設置の準備作業が始められていました。

べりべりべり・・・
仮設の点字ブロックを剥がすと、下には既にホームドア設置後の旅客動線に対応した点字ブロックが出来上がっています。

所々には金具が埋まっているのも見ることができ、これから取り付けるホームドアの取付治具なのでしょう。

ひととおり目に付いた珍しいポイントを観察したあとは、

羽田国内に800形が据え付けられている景色と、1番線の最後のスッキリした姿とを眺めて過ごしました。

さて私は翌日に用事があるので空港線の上り終電で帰ろうと思ったのですが、最後に見た作業が印象的だったので貼っておきます。

8211編成ホーム側の側面に養生がされていき

開扉したあと残る側板と側窓が保護されました。

8211編成はもう廃車までに旅客営業には入らないでしょうから、ホーム据え付け中のホームドア設置作業で損傷を受けたとしても修復の必要は無いはずです。
それでもこうして養生されるところに、まだ車籍のある生きた鉄道車両なんだなぁと感慨に浸ってしまいまして。


8211編成のホームドア輸送列車への充当はまだあるのでしょうか。
もし新町や久里工や深夜早朝の本線上で見掛けたらまた応援してあげたいですね。
PR
油断してたらまたお久しぶりになってしまいました。
何か発信するのってもしかしたらコミケ以来かもしれません。

この夏も最高に楽しい1日を過ごさせていただきまして、弊スペースへお越し頂いた皆様ほんとありがとうございました。

私は相変わらずの田舎暮らしなのでコミケに合わせて京急線も楽しんできまして、このとき新1000形の18次車にちょっとした床下の変更点を見つけたのでご紹介しておきますね。
2018年明けまして1本目の記事です。
本年もどうぞよろしくおねがいします。

年が明けてから今年度の新車である新1000形17次車が走り始めています。
2月12日時点で、8Vの1201編成と6Vの1613編成の2本です。

17次車における大きなトピックスとして、車体のカラーリングがステンレス構体へのカラーフィルム貼付から塗装へと変更されています。
JR東日本の新系列電車の流れを汲むステンレス構体のクルマとしては珍しいなーとおもいましたので、細部を観察してきました。
ごぶさたです。
もしかしたら夏コミの告知以来の記事かもしれません。
もしかしてたら東杏電機製造のスペースまでお越しくださいましてありがとうございました。

・・・夏コミのネタにし損ねた車輌について!

京急新1000形の1次車・1001編成が数ヶ月前より更新工事を受けておりましたが、ついに竣工し営業運転に復帰してきました。
ちょこちょこ見どころさんがありましたので、私の気付いた範囲内で面白かったところを紹介しまーす。

京急ファミリー鉄道フェスタ2017の催し物・京急車両部品販売で、今年もお買い物を楽しんでまいりました。


主スイッチ箱!
イヤッッホォォォオオォオウ!!
おまつりだー!!!!!

5月28日は年に1回のビッグイベント・京急ファミリー鉄道フェスタでした。
例年どおり5月の最終日曜日に京急ファインテック久里浜事業所での開催です。
今年は新1000形の1485編成と1169編成が入場中のタイミングだったので、いままであまり至近で見ることが出来なかった銀千の艤装構造や機器について大収穫が得られました。
2月7日に営業運転を開始した京急新1000形の16次車・1177編成に会ってきました!

パワー半導体にSiCを採用したMAP-198-15V295形VVVFインバータ装置を始めとする、主回路システムを刷新した8連(8V)の新車です。
従来の新1000形ステンレス車とどこが異なり、どう共通化しているのか、この目で確認して参りました。

京急電鉄の2016年度新造車・1177編成のVVVFインバータ装置が、フルSiCパワーモジュールになるようです。
SiCとは炭化ケイ素のことで、半導体の一種です。
従来の鉄道用パワー半導体は、素子の材質となる半導体にSi(ケイ素)を使用していました。
近年、これをSiC材質に変更することでより高性能のVVVFインバータ装置の製作が可能となり、京急もその流れに乗るカタチとなりました。

VVVFインバータ装置にSiCを採用するメリットは何か、どこに技術的な革新があるのか、簡単にまとめてみます。


こちらは直流1500V饋電用として世界初の実用化を果たした、小田急納めの三菱電機製VVVFインバータ装置です。
筐体は中央に制御アンプや継電器等を収め、その両側をパワーユニットが挟む、MM'ユニット編成向けの一般的な構造です。

先週の記事の続きです。
この週末も新1000形16次車1600番台・1601編成の取材に行ってきました。

分かったことを羅列しておきます。

京急新1000形の16次車として、新たな番台区分の1600番台が登場しました。
従来の6Vを基本にマイナーチェンジした2016年度新造車で、公式プレスも発行されていたもの。

ご覧の通り1800番台に準じる側板の全面ラッピングが目を引きますが、車輌システム的にも目新しい機構を新たに搭載しているようです。
以下、いつもの様に床下観察レポです!
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Kojicstage
性別:
非公開
趣味:
VVVF SIV パンタグラフ
カウンター
'11.01.05 14時から
Twitter
最新コメント
[11/16 1367_8010]
[03/31 81SH]
[03/26 うちゅうじん]
[02/08 NONAME]
[02/01 NONAME]
[01/14 t201choppa]
[01/12 NONAME]
[10/08 新川3号]
[05/17 春風]
[05/16 春風]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]